忍者ブログ

みくさんぽ。

False Island(通称:偽島)の更新記録とかを書いていく日記。気が向けば普通に日記書いてるかも。
2017
12,17

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010
04,15
貴族、啖呵をきる。の巻


所々引き裂かれ血に染まったボロボロな姿。あまりにも哀れな姿。これこそが、家の権力なんてない。本来の自分の本当の姿なのだろう。
自覚した。いや、自覚せざるをえなかった。
立ち上がるのやめて、このまま寝るか?
体のあちこちが軋む音が聞こえる。やめよう。もう、今日はつかれた。このまま倒れていよう。だが、関係はない。
ククク、と苦笑してしまう。ようやく、俺は自分の事をしった。ただの傲慢な強がりな奴なのだと。
こいつは、自分事だが本当にどうしようも無い人間だ。
でも。
でもよ、
「・・・俺様ってば、生憎生まれながらの負けず嫌いみたいでねぇ。このまま倒れただけで負けなんて認められねぇんだよ。・・・そうだ、お前は俺に負けを認めさせろ
さぁ、俺を殺さない限り狐みてぇにてめぇにしつこく噛みついてくぜ?」
持っていた槍を捨て、短剣抜き構えた。
啖呵をきる。これほど、清々しい気分を味わうのは初めてだ。

と、浸っていると。

「・・・うっさい。あんた、口悪いわね」
妖精からきつい一言。
よく考えれば、珍しく俺より、雑種妖精の方が倒れたんだから回復が早い。
「・・・せっかく、かっこよく決めたってのに茶々いれんな」
思わず苦笑する。
いつもなら、激昂する場面なのだろうけど今は清々しい気分だった。
「・・・おっし、んじゃ第二ラウンドいってみようっ!」
雑種の元気な声が聞こえる。
目の前の敵も、もうピンピンしている。
なるほど、役者はすでに準備完了って訳だ。

なら
「ああ・・・。
さぁ、愉快に痛快に明快に全快に爽快にてめェを倒してやるよッ!」

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

trackback
この記事のトラックバックURL:

プロフィール
HN:
みく(ノイズ)
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1988/12/28
職業:
大学生という名の自宅警備員
趣味:
読書 音楽鑑賞(メタル・クラシック・洋楽パンクロック)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新TB
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]